快晴かいせいの湯 芹沢せりざわ温泉 コラム

 

福島で旅館に泊まろうとお考えなら人気の観光スポットが多い「快晴の湯 芹沢温泉」~一番のおすすめは溢れる天然温泉!上手な温泉の入り方~

福島で旅館に泊まろうとお考えでしたら人気の観光スポットも楽しめる「快晴の湯 芹沢温泉」へ

福島で旅館に泊まろうとお考えでしたら人気の観光スポットも楽しめる「快晴の湯 芹沢温泉」へ

福島旅館に泊まろうとお考えでしたら、観光おすすめのスポットがたくさんある「快晴の湯 芹沢温泉」へお越し下さい。福島にはたくさんの観光名所があります。

日本百名城である【白河小峰城】や松平定信が築造した【南湖公園】、東洋一の鐘乳石【あぶくま洞】など見所満載です。福島で旅館に泊まろうとご検討中の方は、ぜひ人気の観光スポットがいっぱいの「快晴の湯 芹沢温泉」にご予約下さい。

福島の旅館「快晴の湯 芹沢温泉」が口コミでも評判が高いわけとは~一番のおすすめは溢れる天然温泉~

福島の旅館「快晴の湯 芹沢温泉」が口コミでも評判が高いわけとは~一番のおすすめは溢れる天然温泉~

福島の旅館「快晴の湯 芹沢温泉」は、お客様からの口コミでも評判の高い旅館です。その理由として、「快晴の湯 芹沢温泉」自慢の天然温泉があります。

湯量が豊富な上に多彩な大きな湯船でゆったりと、思う存分温泉を味わえることが一番のおすすめポイントです。お客様からは『お肌がすべすべになった』『クセになる最高の温泉』などといった嬉しいお褒めの言葉を頻繁に頂戴しています。また、飲むこともできる温泉ですので、飲泉処もぜひご利用下さい。

上手な温泉の入り方を知っておこう

せっかく温泉に入るのですから、健康にも美容にも良い入り方をご紹介します。上手に入って温泉を存分に堪能しましょう。

■ 半身浴で身体を慣らす

一気に肩まで浸かってしまうと、水圧により肺や心臓に負担がかかってしまう可能性があります。温泉に浸かる時はまず、半身浴で慣らすようにしましょう。

■ 頭にタオルを置く

水で冷たく濡らしたタオルを頭に置くと「のぼせ防止」になります。また、冬の露天風呂などではお湯で温めたタオルを乗せることで、冷たい空気に触れて血管が収縮するのを防ぎ保温ができます。ただし、タオルを湯船に浸けるのは衛生的にあまり良くないとされているので、タオルを湯船に落とさないように気をつけしましょう。

■ 上がり湯はしない

温泉から出た後にシャワーなどで上がり湯をする方がいます。そうするとせっかく肌についた温泉の成分が流されてしまいますので、上がり湯はしない方がベストです。身体を拭く際も、水滴を拭う程度にしましょう。

お役立ちコラム

福島で旅館をお探しの方は「快晴の湯 芹沢温泉」へ

名前 快晴の湯 芹沢温泉
住所 〒962-0036
福島県須賀川市芹沢町38
TEL 0248-75-3611
URL http://www.serizawaonsen.co.jp

〒962-0036 福島県須賀川市芹沢町38

☎0248-75-36

このページのトップに戻る
Copyright © 2016 serizawaonsen All Rights Reserved.